読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぐろぶのらくさ

誰かに構って欲しい,という欲は薄れつつある今日この頃。

ソチオリンピックと言論(14/02/21)

こんばんは。
ブログを更新するタイミングを失ったまま、ソチオリンピックは残り3日となりました。

 11月のブログに書きましたが、我が家は結構フィギュアスケートをテレビで見ています。
http://mimilunamico.blog.fc2.com/blog-category-3.html
だからもう羽生選手(わたしはゆづる王子と呼んでいる)の金メダルのときは大盛り上がりでした。
受験真っ最中でいつも眉をひそめている妹がウッキウキで学校行ったくらい・・・
ツイッターで言ったとおり、わたしはゆづるくんがポルノファンだったことを知って急に好感度が・・・笑
まあポルノの話はきっと次かその次くらいのブログで書くことになると思いますので、
今回は割愛します。

 そして昨日今日の女子シングル。
浅田選手(真央ちゃんと呼ばせていただきます)、本当に本当に強い人だと思いました。
わたしは同い年なんだけれど、
果たしてあそこまでのどん底から1日で這い上がって来られるだろうか。
多くの人がブログ、ツイッター、テレビのインタビューで言っているように、
目には見えない、形にはならないけれど大切なものがあるということを教えてもらいました。
あの8回の三回転ジャンプ、渾身のステップ、
そして終わってからの涙を堪える姿、笑顔・・・
あれを見て自分の生き方を見つめなおした人はきっとわたしだけではないと思います。
何かを成し遂げるには、相当な年月を必要とすること。
全てを捧げてまで一生懸命何かに向き合っている人がいるということ。
相当な年月をかけて、周到に準備をしても、失敗することがあるということ。
最後まであきらめず弱い自分に打ち勝ったときの喜びは、何物にも代えがたいということ。
わたしなんかの「がんばってる」は、まだまだ自己満足の世界だなあと。
 
 真央ちゃんはシーズン前に言っていたとおり、引退してゆっくりしてほしいと思います。
決して「辞めてほしい」わけではなくて、
生活全てをスケートに捧げるというのはものすごく大変なことだと思うので。
同じような理由で、キム・ヨナにも辞めさせてあげてほしい。
本人は一度引退したくらいだし、もうこれっきりにしたいって思いはあるんじゃないだろうか。
特に彼女は「高校に行けない、普通の生活がしたい」みたいなこと言ってたみたいだし。
でもねえ・・・次の冬季五輪は韓国なんだよね・・・
韓国は後進が育ってないし、彼女の意思に反して駆り出されないことを祈ります。
もちろん2人とも、自分が続けたいって言うならそれでいいと思うけどね。

 
 今回のオリンピックは、後半になってメダルラッシュ
時差あるし、仕事あるしで全くリアルタイムでは見られていないので、
ツイッターで結果を知ることもしばしばでした。

 それで気になったことがあるんだけれど・・・
ショートの真央ちゃんもそうだったけど、一番はジャンプの高梨選手。
実力が結果として現れず、予想外の順位になってしまったことがありました。
そのときにツイッターでは
「出るだけで十分すごいんだから、『まさか』なんて言わないで」とか
「本人が一番ショックなんだから、わたしたちはその頑張りを褒め称えるべきなんじゃないの?」
といった意見がタイムラインに流れていました。
 たしかにスポーツを見ていると、必ず選手の失敗を過剰に取り上げバッシングする人がいます。
また、「どうせだめだと思っていた」「全然面白くない」などと
必要以上にネガティブになる人もいます。
正直に言いますが、わたしはそういう発言が大嫌いです。
短気なわたしはとってもイライラします。
野球のシーズン中に何人の人をミュートやブロックしたことか・・・
 
 だから今回の「選手を責めないで発言の大量発生」はとても好ましいものでした。
正確に言うと、好ましいもののはずでした。

 わたしがわたしの好ましい意見を言う人ばかりを
フォローしていたせいは大いにあると思いますが、
今回、タイムラインに批判や暴言は全く並びませんでした。
みんな、「残念だったけど選手をほめなきゃ!」と言っている。
その状況に激しい違和感と気持ち悪さを覚えてしまったのです。
全員が同じことを言うなんて、社会集団ではありえないことです。
ましてや「違ったことを言ったら自分がバッシングされる風潮」なんて怖くないですか?
今はまだ正しい(人としての道理にかなっている)意見が大勢だから問題はないと思いますが、
こんな「みんな自分の本心を押し殺して右を向かないといけない風潮」がずっと続いていったら
いつか、上手い具合にメディアや政府に操作されて、
本当は正しくないことなのに反論してはいけない世の中になってしまうかもしれない。
これは言いすぎかもしれませんがね。
気付いたら自分の意見を言うことが許されない日本になっているかもしれませんよ・・・

 まあツイッターの影響力なんてまだたかが知れたものかもしれませんが、
今やNHKまでニュースでツイッターを引用する時代ですから。
だからといって自分がどうしたいっていうビジョンはないんだけれども。
相変わらずネガティブ意見は大嫌いなんだけれども。

 自分が感じている以上に異常な世界が
140字の言葉たちで構成されているのかなあと思ったのでした。


 真央ちゃんも高橋選手も出るエキシビジョンがとっても楽しみです。
あと2週間でお相撲もはじまります!

それでは。