読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぐろぶのらくさ

誰かに構って欲しい,という欲は薄れつつある今日この頃。

あけました。(14/01/09)

あけましておめでとうございます。
もう松の内も終わってしまったので、ちょっと遅い新年のあいさつではありますが・・・
2014年、午年、年女であります。

 今年の目標は「じりつ」
「じりつ」と読む熟語には、「自立」と「自律」の二つがあります。
その二つ共を成し遂げたいがため、あえてひらがなにしました。

 恥ずかしながらわたくし、まだ経済的に自立できていません。
まあ仕事せず家にいることを恥ずかしいと思うかどうかは個人の基準があるので、
わたし自身が恥ずかしいというだけです。
別にそういう境遇の他人を恥ずかしいと思っているわけではないので悪しからず。
今年はなんとか仕事を掴んで、試験にも合格して、
再来年度からの安定を手に入れたい・・・!!!
その第一歩として、1月から非常勤として働けることになりました。
4月から待って、待って、待ち続けてようやく手にした機会。
正規の職員ではないので色々と制約があり、
まだまだ親の援助が必要になるのは申し訳ないのですが。。。
ただでさえチャンスの少ない世界、精一杯きばらんといかんのです。
もう何もかもが急で、不安ばかりが募るけれども
「試験に合格していない」ということはそういうことなのだと。
もっといい待遇が欲しけりゃ受かってみろ、と。
根性と度胸はあるほうだと思っているので、結構わくわくしています。
知らないところに飛び込むって楽しみ。
(4行前と矛盾している)

 さてもうひとつの「自律」ですが、これ毎年言ってる気がする・・・
「自分のルールを作って実行する」っていうのがめちゃくちゃ苦手なんですよ。
つい先日も9時間ほど睡眠を貪ってしまい、
寝すぎによる頭痛と吐き気で一日中何もできなかったという。
12月バイトしてたときはきっちり6時30分に起きてたのに。
何もないと目覚ましに全然反応しません。困ったもんだ。
まあ仕事始まるので否が応でも早起きしますが・・・
学習面でも自律しなければなりません。
仕事があるから・・・と甘えず、計画的に。
そして何よりも、運動しなければ。
アメリカではデブは出世できないと言いますので。
自律、自己管理は体型に現れるということですね。
体を軽く、そしてフットワークも軽く!


 去年の今頃は、卒論が書けなくて(正しくは、書いていなくて)
本当に毎日毎日死にたい気持ちでいっぱいでした。笑
今となってはなんでたった数か月必死になれなかったのかと情けなさでいっぱいですが。

 おととしの今頃は(正確には15日)、熊本でBUMPのライブだった。
あの日わたしはボードを持ってて、開場ギリギリで優しい人に譲ってもらったんでした。
あの頃のわたしが何を頑張っていたのかは覚えていないけれど、
頑張っていれば必ず何かいいことがある。
逆に、頑張っていなければいいことや楽しいことを心の底から楽しむことはできない。
2013年は一年かけてそのことを学びました。
23歳という若い頃の貴重な一年でしたが、
人生という長い道のりから見るとほんのひとときだということで。

 去年背中丸めて人から隠れるようにして生きていた分、
今年は胸張って生きていきたいものです。


それでは。