読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぐろぶのらくさ

誰かに構って欲しい,という欲は薄れつつある今日この頃。

【速報】京都音楽博覧会2016

今までにないものを感じたステージだったので、とりあえずメモ程度に残しておく。

京都音楽博覧会2016@梅小路公園

今年10回目となる、くるり主催の音楽イベント。
ワンマン以外でMr.Childrenを見るのは初めてで、いつもとは違う期待感があった。夏フェスみたいに自分とこのファンだけじゃないところのライブって、シングルとか盛り上げナンバー並べるイメージで、Mr.Childrenのフェスセトリにそういう雰囲気を感じる場合もあって。

でも今回のステージは、言うならばホールツアー虹~京都音博公演~だった。
春ちゃん含め、派手じゃないけど個々が際立った演奏。最後の曲で、「ナカケーのベースが、Mr.Childrenの音が止まっちゃう」って思ったのは初めてで。虹ツアーに込められた、「僕らの音」を届けたいんだ、という4人のおもいを少し受けとることができました。
ラストの選曲、最近いいなと思ってた曲で、Twitterのプロフィールにも歌詞引用してたから嬉しかった。

というのは真面目な感想。
以下、テンション上がった点を羅列。

・ ナカケー断髪。ブラオレ風。もみあげかわいい。
・ トゥモネバ「この長い旅路のどこかで」の桜井さんジェスチャー。旅路。客席に手を差し出す。
・ 「あれ、おれ、なにしてんだろ」
・ しるしのナカケー、ヘドバン。
・ 桜井さんちょっと調子悪い?
・ 大事な曲やります→足音
・ さよなら代わりにこの曲を「バイバイバイバイバイバイ…」
・ すべーてが(ジャッ)あーいをうたーってる(STDと同じアレンジ)

セトリ
名もなき詩
Tomorrow never knows
Melody
PIANO MAN
ランニングハイ
しるし
足音~Be strong
僕らの音

くるりwith桜井和寿
シーラカンス