読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぐろぶのらくさ

誰かに構って欲しい,という欲は薄れつつある今日この頃。

さくらは咲くのか(14/03/23)

ついに1か月間が空いてしまった・・・
3月の始めに「永遠の0」を見て、何としてもその記事を書きたくて、
うーんうーんと唸っているうちに1か月経ってた。笑

 さて、今わたしの頭の中は相撲一色なので、そういうブログになります。
9日から始まった春場所も、明日とうとう千秋楽。
15日間早かった。本当に。
みなさん、今とんでもないことになっているのを御存じでしょうか。

 まだ初めて間もないこのブログにも何回か登場している大関 鶴竜
今、優勝争いの先頭にいるのです!!!
というかもうあとは目の前に見えている賜杯を掴み取るだけ!!

 鶴竜関は今場所「綱取り」の場所でした。
つまり、成績次第では横綱に昇進する場所であるということ。
本来なら優勝して初めて綱取りに挑戦する資格が得られる、といったところなのでしょうが
日本人横綱の誕生を切に願う横綱審議委員会の方々が、
ちょーっとその規則をゆるくしてしまい・・・
「13勝以上での優勝で横綱だ!!」となってしまったのですね・・・
しかし該当する日本人大関が綱取りのプレッシャーに負け続け、未だ横綱にはなれず、
そうこうしているうちに、鶴竜がその条件にあてはまるくらい力をつけてきてしまった・・・と。
このようにわたしは認識しています。

 だから正直まだ鶴竜横綱昇進は早いと思っています。
めちゃくちゃ鶴竜のことを応援しているし、いずれは横綱になってほしいけど、
まだ格下相手の取りこぼしが多いし、横綱になって負けるのを見るのは嫌だ!!!
と思って・・・まだ横綱は・・・

 しかし、優勝は見たい。
初場所あと一歩に迫ったところで悔しさを味わったので、
今度こそ鶴竜が笑って右手に鯛をぶら下げてる姿を見たいと思っています。
それに、井筒部屋鶴竜が所属している相撲部屋)からの幕内最高優勝も長らくないと思いますので・・・
誰以来だろ。逆鉾(元井筒親方)と寺尾は優勝ないし、
霧島になるのかな?となると20年以上前か・・・

 あ、井筒部屋はもともと鹿児島にゆかりのある部屋でして、
今でこそ部屋の鹿児島出身者は減ってしまいましたが。
だからわたしの母親は、最初鶴竜に対して「ええ?モンゴル人じゃん!」と言っていたのですが
井筒部屋だよ」と教えたその瞬間から応援するようになりました。笑




・・・・・・

 色々言ったけど!明日!琴将菊にスカッと勝って!自力で優勝を決めてくれ!!
優勝はもちろん、横綱になるチャンスだって、次はないかもしれないんだから!
鶴竜はきっと、横綱になりたいと思ってるはず。
15歳で相撲をやるためだけに日本に来て、きっと、きっと、「いつかは横綱に」と思ってたはず。
だったらファンは四の五の言わず、応援しないとね。
本人がなりたいと思ってるのに、ファンが苦言を呈すのはかわいそうだよね。

 今日白鵬に勝って、思わず涙が出そうになりましたが、
勝っても負けても、涙は明日に取っておきましょう。



 明日は千秋楽なので、いつもより30分巻きです。
5時15分頃からスタンバイすれば取り組みは見られます。
(わたしは土俵入りから見たいので、3時すぎにはテレビの前に座りますが)
それではみなさんの明日がいい日になりますように!!

 幸せな明日の夜を迎えたい。